So-net無料ブログ作成
検索選択
nana's report ブログトップ
前の10件 | -

研修会「子どもに優しくなれる感覚統合~遊びを通して行う支援~」報告 [nana's report]

本日、あいとぴあセンターにて、子どもに優しくなれる感覚統合~遊びを通して行う支援~講師に帝京科学大学医療科学部作業療法学科教授 石井孝弘先生、コーディネーターにナナの家顧問 赤塚光子先生をお迎えし、「子ども優しくなること」を目的とした講義を聞かせて頂きました。

感覚統合について、図や例などをつかって、わかりやすく説明してくださいました。人によって、刺激の受け取り方が違います。刺激を感じにくい人は、脳が刺激を求めて、走り回る、回転するなど多動になることがあります。一方、感じやすい人は、少しの段差や色が違うだけでも通ることができないということもあります。

感覚統合理論で扱う感覚機能は、前庭覚機能、触覚機能、固有受容覚機能、聴覚機能、視覚機能があります。これらが、感覚統合の発達において土台となります。
前庭覚機能とは空間の中で体が感じる、三半規管が受ける刺激により働く機能です。
固有受容覚機能とは筋肉を動かしたときに筋肉が動いたということを脳へ伝える機能です。
これらの機能と刺激は、それぞれが密接にかかわっています。

また、言葉の発達においては、刺激を受けその刺激と言葉が一致することで、子どもたちはコミュニケーションとして言葉を使えるようになります。たとえば、「つるつる」「ざらざら」という言葉も、実際に砂を触る、ウナギを触るといった体験を通して知っていきます。体験を通して言葉とつなげていくことが大切なのです。

感覚統合の理論を学ぶことで、行動からすぐに対処療法をするのではなく、子どもたちがその行動をなぜ必要とするのか、どの感覚機能・刺激が感じにくい、あるいは感じやすいのかがわかります。そして、そのためにそれにあった活動を「快刺激」として取り入れていくことで、問題となる行動の軽減に繋げていくことが重要だとわかります。私たちも刺激に注意してかかわり、遊びのなかに取り入れていきたいと思います。

貴重な研修の機会をありがとうございました。
そして、本日お越しくださり、一緒に学んでくださった皆さまもありがとうございました。

まだまだ勉強せねば…と思った一日でした。今年度の研修会はこれで終了です。また来年度もよろしくお願いします。

やじ

nice!(0)  コメント(0) 

実りの秋! [nana's report]

久々の更新となってしまいました。

この秋はナナの家ではイベントがたくさん。ではちょっとずつご報告を。

9月28日には「支援の視点~一人ひとりのすこやかな育ちを支えていくために~」研修会
姫島こども園 岩崎隆彦先生をお迎えし、こどもの立場にたって支援を行っているかを考えました。
P1080704.JPG

10月13日には乗馬会
お天気も良く、久々に流鏑馬がありました♪
IMG_4504.gif

10月27日にはボランティアの集い(狛江市)
パンがたくさん売れました!Rくんは時間をかけて丁寧に書きました!
IMGP0953.JPG

11月も実りの秋が続きそうです。

ぷ~たろう
nice!(0)  コメント(0) 

手・サッカー大会 2/19開催 [nana's report]

2/19(日)、手・サッカー大会が光明特別支援学校の体育館で行われました。

初めて『手・サッカー』に参加する方もたくさんいましたが、皆さん特別支援学校で「ハンドサッカー」の経験が豊かなため、すんなりと競技に参加できました。
手・サッカーは健常者も車椅子に乗って競技に参加できるので、希望されれば介助者の方も参加可能です。
試合は3チームのせめぎ合いでしたが、結果は、ブルーのゼッケンの『ブルーインパルス』チームが優勝しました。
IMG_1564_tesoccer.jpgIMG_1586_tesoccer.jpg
nice!(0) 

障がい者週間『作品展示会』 [nana's report]

今年も障がい者週間の作品展示会に参加しました。放課後わいわいの『水曜活動・アートであそぼう』や『ペガサスの家』で取り組んだ創作活動の一部を展示しました。
今年はカッティングシートを使って創作に取り組んでいたので、色鮮やかな作品たちが並んでいます。 どの色がいいかな、と選んだり、切ったり、シートをはがして貼る、など手先の細かな動作を伴いますが、みんなやっていくうちにできることが少しずつ増えていきました。
いろんな色のシートが幾重にも重なっている作品からは、その集中した様子が伺えます。
その他、フェルト原毛を使ったペーパーウェイトやRくんが描いたペガサスの家に集う仲間の似顔絵作品集などを展示しています。

■作品展示期間 2011年12/5(月)〜12/12(月) (狛江市役所開庁時間内) 
■場所 狛江市役所2階
*12/12(月)は15時まで

IMG_1374_展示会_web.jpg
nice!(0) 

アートであそぼう〜フェルトを使ったペーパーウェイト2011 [nana's report]

冬が近付いてくると、フェルトの作品に挑戦してみたくなります。
今年も11月のアートで作ってみました。
羊毛フェルトの原毛を、多摩川で拾った石にまきつけ、お湯と洗剤でゴシゴシ。
色んな色が混ざり合った、きれいなペーパーウェイトになりました。

全行程を一人でできないお子さんにはスタッフが手助けします。
自分で色を選んだり、ゴシゴシの部分だけやってみたり、様々です。スタッフも自分の分を作ってみたり・・・。
いろんな個性が出ておもしろいですね。
felt_4.giffelt_3.giffelt_2.giffelt_1.gif

nice!(0) 

手ピカジェルの寄贈 [nana's report]

 この度、ナナの家では東京都社会福祉協議会・東京善意銀行様を通して、健栄製薬株式会社様より手ピカジェル等消毒アルコール製品の寄贈を受けました。
 障がいのある子ども達の放課後活動や、様々な支援活動の際の感染症予防に大切に使わせていただきたいと思っております。

寄贈品内訳:手ピカジェル携帯用58ml(120本入)—1箱
      手ピカジェルPRO285ml(30本入)—2箱
      手ピカマスクの除菌スプレー携帯用25ml(120本入)—1箱
tepica.jpg


nice!(0) 

【多摩川乗馬会】雨の中やむなく撤収! [nana's report]

5月22日(日)、第52回多摩川乗馬会が開催されました。今回もたくさんの子どもたちの笑顔に出会いました。ご来場いただきありがとうございます。

午後から雨の予報でしたが、午前中は全く雨の気配なしで、とっても暑い乗馬会でした。
ただし、風が強く、テントは危険で建てられず。
ただ、救護テントと、風船のお兄さんのテント(風船が太陽の光で劣化しやすいため)は必要だったためペグでガンガンに固めて建てました。途中テントがしなっているのを見て、大丈夫か??と心配になるほど、やはり多摩川河川敷の風はあまくはないですね。

馬は、こかげ、あかつき、ながおくん の3頭。
こかげ(小鹿毛)はベテランの木曽馬。安定感があって落ち着いていて、障がい者乗馬にぴったりです。
あかつき(暁)はまだ若手ですが、有望な注目株。こかげ先輩に続けとがんばってます。
ながおくん(長尾くん)は長尾さんというおじいさんが飼っていたからながおくんというそうです。いつもマイペースです。

安心・安全な乗馬会はかれらのおかげです。いつもは紅葉台木曽馬牧場という観光牧場で外乗のお仕事などしています。河口湖に行った際にはぜひ!お立ち寄りください。

14時過ぎからぼつぼつと降り始め、次第に大雨になり、やむなく途中で中止となってしまいました。
大雨の中、撤収作業となり、ボランティアさんたちあの後風邪ひかなかったかと心配です。
実際風邪をひいたスタッフもいました・・・・。

ああ、テントやシートや、いろんなもの、乾かさなきゃ・・・と思う今日このごろです。

次回は9月25日です!またよろしくお願いいたします。
nice!(0) 

【通常総会】ナナの家 [nana's report]

本日、福祉ネット「ナナの家」の総会が開かれました。
ご出席いただきた皆様、委任状をいただいた皆様、ありがとうございました。
ナナの家も法人化10年を迎えます。先日10周年記念誌を発行し、関係者の皆様に送らせていただきました。
皆様、1.5㎝という厚さにまず驚かれた様子・・・。それだけ多岐に渡る活動をしてきたということでしょうか・・・。
IMG_0757_10th.jpg
この10年、いろいろあって今のナナの家となったように、この先10年も成長し続けていくことでしょう。

まずは、都内の地域デイグループ事業の抱える、法内化事業への移行の課題がどうなるか・・・ですが、市内4団体5施設との連絡協議会で勉強を重ねていきたいと思います。

これからもどうぞよろしくお願い致します。
10周年を迎え、ホームページもリニューアルしました。
現在、http://www.nananoie.com/ で見れますが、今後サーバーを借りてそちらに移行する予定です。手続き完了しましたら新しいアドレスお知らせ致します。

nice!(0) 

【水曜活動】手作りピザ! [nana's report]

本当は、第1水曜日の水曜活動は「水とあそぼう」なのですが、今月は祝日でいつものプールの施設は閉館・・・そもそもプールは配管工事で5〜7月中はお休み・・・。

そこで、今回は「ペガサスの家」でおやつ作りをすることになりました。夏休みにお泊まりをする施設なので、みんな「ペガサスの家」が大好きです。目を輝かせてやってきます。

何を作ったかというと、手作りピザ!!子どもたちと一緒に作れて、ホットプレートでも焼けて簡単です。
showa_pizzadoughmix.jpg
使う材料はこの粉と水と油少々。クリスピータイプのピザなら卵は使わないから材料も簡単です。あとは何をトッピングするかです。

まずは材料切り。ウィンナーはバターナイフなどでも切れるから危なくないですね。チーズは型抜きしました。後で溶けて形はなくなるけど、楽しいからいいのです!
IMG_0230_水_ピザ.jpg
次は生地作り。みんな手袋をしてコネコネがんばりました!生地は10分ほど寝かせます。
IMG_0238_水_ピザ.jpg
麺棒で生地をまあるくのばします。クリズピー感はここで薄くすると断然強まります!
IMG_0243_水_ピザ.jpg
温めておいたホットプレートで軽く両面焼き、ピザソースを塗ります。みんな真剣!!!
IMG_0244_水_ピザ.jpg
あとはトッピング!自分で切ったウィンナーやチーズをきれいにのせてもう一度ホットプレートで焼いて出来上がりです。蓋をした方がチーズはトロ〜リいい感じです。
IMG_0249_水_ピザ.jpg
みんなでおいしくいただきました!!
IMG_0255_水_ピザ.jpg
nice!(0) 

【シニアサークル・からっと】東日本大震災被災者支援コンサートのご報告 [nana's report]

-----------------------------------------------------------------------------
事業名  「ピアノと詩のコンサート〜うたい継ぎたい日本の歌・日本の心」
主催者  特定非営利活動法人バリアフリーセンター・福祉ネット「ナナの家」
     シニアサークル「狛江・からっと」
後 援  狛江市教育委員会、狛江市社会福祉協議会、狛江市NPO連絡協議会
開催日時 平成23年4月16日(土) 15:00〜16:30
開催会場 泉の森会館ホール
参加者数 81名
-----------------------------------------------------------------------------
 “ピアノと詩のコンサート”は、福祉ネット「ナナの家」のシニアサークル、“狛江からっと”の発足記念のためのコンサートです。
 「ナナの家」では、障がい者もその家族も、社会のお世話になるばかりでなく誰かの役に立ちたいと、支援を必要とする世界の子どもたちの草の根支援活動を行ってきました。10年程前、フィリピンの子どもたち支援のツアーで訪問した作業所では、私たちのための歓迎のコンサートが開かれました。その中で歌われた盲目の少年の歌に、私たちは心がゆさぶられ涙があふれてしまいました。何の歌かと尋ねると、それはみんなが知っている「主の祈り」と「国家」でした。フィリピンは被災しても国の支援が届くかどうかもわからない程貧しい国ですが、そこには年齢を越え、時代を越えて歌い継がれる歌があったのです。
 ところで、日本にはそんな歌があるのだろうか?無いのならば、私たちはどんな歌を未来の子どもたちに歌い継いでいきたいのだろうか?それが今回のコンサートの二つ目の目的になりました。
 その後、東北関東大震災とそれに続く原発の事故が起こり、急きょこのコンサートの収益金を、中央共同募金会を通して現地の被災された方々にお送りすることに決まりました。そのため、チャリティーコンサートが三つ目の目的となりました。
 当日は、声優の山口奈々さんと、「音楽の街 狛江」構想推進委員のピアノスト渡辺文子さんをお迎えして、日本の四季を彩る歌や詩を、被災地に心を馳せながら、堪能するひとときとなりました。
IMG_0715_全体小.jpg
-----------------------------------------------------------------------------
義援金 113,604円 は『中央共同募金会 東北関東大震災義援金』宛に送金させていただきました。

被災された多くの皆様にお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興を願っております。
甚大な被害を受けた今回の災害は長期的な支援が必要になってくるでしょう。
これからも、自分たちに何ができるか考えながら、支援をしていきたいと思います。

-----------------------------------------------------------------------------


nice!(0) 
前の10件 | - nana's report ブログトップ
メッセージを送る