So-net無料ブログ作成
検索選択
nana's report---kaji ブログトップ

雨の乗馬会 [nana's report---kaji]

ご報告が遅くなりましたが、9月21日(日)に多摩川乗馬会が開催されました。
今回、狛江市の『新しい風補助金』の助成でのぼり旗を作成。土手にのぼりがはためきいい風景でした。
もっと天気がよければ・・・・と残念な次第です。

今回の乗馬会は、前日から雨の心配がされていました。
夕方から雨マークで後降水確率は夜にかけあがっていくという予報。

これは、片付け搬出のころ雨に降られるパターンかな、と思っていました。

が、しかし・・・・。

当日、朝から空は雲に覆われ・・・・・今にも降りだしそうな中設営し、始まりました。
10時過ぎにひと雨来て、さすがにお客様も少なめでしたが、雨もあがってきたころ、やっと賑やかになりました。
引き馬のスタンプカード(5個スタンプがたまると1回無料で乗れる)をしっかり持って楽しみに乗りに来る親子連れを見るとうれしくなりますね。

午後からは本格的に降り始め、やむ気配なし・・・・。
きっと多くの方は今回は中止になっただろうと思ったでしょう。
それでも、馬に乗りたいという方もいて、合羽を着て引き馬という場面もありました。
雨でも流鏑馬の競技会はやっているからやりましょう!ということで午後は甲州和式馬術の演技も行われました。
さすがに雨が続き、早々のイベント終了。終了後の馬上ゲーム、ナナの家ボランティア VS 木曾馬牧場 でカップ戦を決行。
麦茶の入ったカップを片手に持って三角コーンを回ってリレーするゲーム。最後に麦茶が多く残っていた方が勝ち。
馬の上で矢が打てる人たちに勝てるわけがない、と思うでしょう。でもゆっくりでも麦茶が残っている方が勝つのです。

結果は、やはり牧場チームの勝ちでしたが、2mm差という僅差。ボランティアチームにも大きな拍手をお送りしましょう。

さすがに、雨の中の片付け搬出は大変でした。
ボランティアの皆さんも雨がんばっていただき、本当にありがとうございました。
皆さんかぜをひかなかったか心配です。

雨の中ご来場いただきました皆様、ボランティアの皆様ならびにご協力いただきました皆様に心よりお礼申し上げます。
次回 11月2日(日)開催です。今後ともよろしくお願い致します。

nice!(0)  コメント(0) 

新学期 [nana's report---kaji]

始まりましたね、新学期。

月曜日の放課後わいわいは、子どもたちも久しぶりに学校に行ってお疲れモードだったと聞きました。

お昼寝をした、という話もチラホラ。

まあ、みんな元気に新学期を迎えられて良かったですね。

昨日の放課後わいわい・水曜活動は「水とあそぼう」でした。みんなプールは大好きです。

大好きなプールに参加したくて、病院の待ち時間も椅子にずっと座って待っていられたり、プールの帽子我慢してかぶったり。

やっぱり、楽しいことのためならがんばれるんですよね。

活動は、まず楽しくないとなあ、とつくづく思います。

プールの時のみんなの笑顔は本当に楽しそう・・・。

他の活動もそんな笑顔がもっと引き出される活動にしていきたいと、プールの後はいつも思うのです。
nice!(0)  コメント(0) 

放課後わいわい夏休みスペシャル [nana's report---kaji]

今週は毎日よく雨が降りますね。[雨]

何だか子どもたちも週明けから体調を崩しているみたいでした。夏の疲れも出やすい時期なのでしょう。

そんな中、昨日は久しぶりに青空が広がるいい天気の中、放課後わいわい夏休みスペシャルでポニー教室に参加。

参加者、スタッフや親御さん含め約20人のにぎやかなポニー教室になり、とても楽しい活動になりました。

ポニー教室の前には、公園のボートに乗ったり、ふれあい動物園で遊んだり、オプションもみんな楽しめ、いい雰囲気でポニー教室に移動できました。

碑文谷のポニー教室に初参加の子どもたちや、前回怖くて乗れなかった子どもたちがどうなるか・・・・・ドッキドキ[目]でしたが、みんな大成功!

特に前回怖くて乗れなかった子が、今回は乗る気でチャレンジしようと自分で踏み台に乗り、馬にまたがって・・・・。

最初は馬の首に触るのも怖く、馬のお尻しか触れなかったのに、次第に首にも触れるようになり、ここまで行くとトントン拍子にできるようになるんですね、片手を離し、両手を離し、馬の上で寝転んだり、最後は速足[ダッシュ(走り出すさま)]もできるようになって・・・・・。

馬から降りた時の自信に満ちたその笑顔。本人にとっては本当に勇気のいるチャレンジだったと思います。すごいすごい。

[わーい(嬉しい顔)]こちらもうれしいです。

ぜひぜひみんなには多摩川乗馬会にも来て欲しいなあ。

--------------------------------------------------------------------
9月21日(日)は多摩川乗馬会で馬に乗ろう!!
引き馬・・・・・1周500円(チケットは当日受付テントで販売) 
障害者乗馬レッスン・・・・・福祉ネット『ナナの家』乗馬グループ会員向けのレッスン約15分。障害者乗馬インストラクターの指導が受けられます。(事前の申し込みが必要です。)
--------------------------------------------------------------------
乗馬会ではボランティアを大募集しています!

nice!(0)  コメント(0) 

うどん打ち [nana's report---kaji]

今日の放課後わいわいは『うどん打ちに挑戦!』でした。

子どもたちもお母さんとスタッフと一緒に粉をまぜ、こね、足で踏み、チーム別でうどん作りに挑戦。

材料も手軽でこしのあるつるつるうどんができました。

自分で作ったうどんはより美味しく感じるようです。
(^q^)

喫茶ペガサス [nana's report---kaji]

喫茶ペガサス

これは、放課後わいわいの、おやつを作る時のプログラムの名前。最近そう呼んでます。

なぜか、その方が気分も出てモチベーションもあがるのです。積極的になったり。
特に片付けの時に効果が…。
みんなのお皿を下げて洗うなど、喫茶の仕事と理解しやすいんでしょうね。食べ終わったらおしまいということが多かったので。

今日のメニューは『蒸しパン』。ザ・母の手作りおやつ 、ですね。

最近は何でもうまくできていて、蒸しパンミックスと水だけでとってもおいしくできました。
(^q^)桃ジャムのせたのが正解!

粉を計って水を加えて混ぜ、型に入れて蒸す。子どもたちにできることもたくさん。
できたかな~、と蓋を取る役も。

最後に作った人がみんなに「蒸しパン食べる人」とオーダーをとりました。
当然みんな手をあげ、3分で完食。

おいしかったね~とみんなに好評でした。
(*^o^)/\(^-^*)

あっという間だったので写真撮るの忘れました。

放課後わいわい [nana's report---kaji]

今日、放課後わいわいのお手伝いをしてきました。

(o^∇^o)ノ 

放課後わいわいとは、一言で言えば障がい児(者)の放課後活動。

学校や通所先の活動を終え、自宅に帰るまでのみんなの居場所です。

ゆるやかな家庭に近い環境の中で、自立を大きな目的とし、身辺自立、社会参加、コミュニケーションスキルの獲得、社会のルールを学ぶ、仲間と仲良くする、などを目指し活動します。

すべては生き生きと充実した生活を送るためですね。
(* ̄∇ ̄*)

今日は、おやつ作り他。「喫茶ペガサス」です。
メニューは「フルーチェ」。

とっても簡単!ヽ(*^^*)ノ

でも、牛乳を近所のコンビニに買いに行き、お店の人と挨拶。
商品をカゴに入れ、レジへ。お金を渡し、おつりをもらう。
ちょっとしたことでもみんなには自信になり、いい体験です。

何よりも、ご近所の人に自分の存在を知ってもらい、温かく見守ってもらえる環境作りになります。

フルーチェは牛乳を入れてかき混ぜるだけ。でも、みんなに取り分け、配り、最後にお皿も洗って、がんばることはたくさん。

おいしくいただきました!!

おやつの後、みんなで使う机の修理の材料を買いにホームセンターへ。

今日も笑顔で帰ろう!
≧(´▽`)≦

************************************************************
ナナの家では9/21の多摩川乗馬会のボランティアを募集しています!
馬の好きな方、子どもの好きな方、地域でボランティアをしたい方、大募集。
http://www.nananoie.com/
************************************************************
ナナの家グループでは、障害があっても地域で幸せに暮らしていけるよう
様々な形で支援しています。ナナの家グループの、福祉ステーション「あい」
では、ヘルパーや訪問看護の看護師を募集しています!
http://www006.upp.so-net.ne.jp/aikomae/
************************************************************




ナナの家の映像活動 [nana's report---kaji]

今年からナナの家では、新たな試みとして、障がいを持つ子どもたちの映像を取り入れた活動が始まりました。

昨年『シネリテラシー~新しい教育の試み~』というシンポジウムで、オーストラリアの映像を取り入れた教育を記録した千葉茂樹監督の映画『映画をつくる子どもたち』を紹介したのがきっかけです。
http://shigekic.livedoor.biz/archives/50012642.html ←映画については監督のブログをご覧下さい

オーストラリアは多民族・多文化国家。
言語も多数で教育の格差やドロップアウトなどが問題となっていました。
そこへ、教育の中に映画つくりを取り入れたところ、大きな成果が得られたそうです。
映画を作るために必要な要素が自然と学びの力を引き出すようです。
コミュニケーションをとるため、また脚本制作、宣伝、交渉のためには、国語が必要で、予算を立てるには数学が必要、ロケをするには社会のルールにそって申請したりお願いしたりする、社会性が必要になります。
最後には出来上がった作品の上映会。レッドカーペットを誇らしく歩く姿はカンヌさながら。みんなスーツに蝶ネクタイやドレス姿。生き生きとしたオーストラリアの学生たちが印象的でした。

これに感銘を受け、ナナの家は映像を活動に取り入れはじめています。
ナナの家に通う子どもたちは様々。障がいに合わせてゆっくり取り入れます。
写真から始めて他者への興味や集中力を高めたり、楽しみを分かちあったり。その場だけでなく後からも写真や映像を見て楽しみを持続させられるようにしたり、目的はいろいろ。

ゾートロープ.jpg今日は、映画を作りたいという男の子に、アニメーションの原理を知ってもらおうとゾートロープ(切り込みを使って残像現象を作る装置)を作りました。
円柱型の筒に切り込みを入れ、中に11コマのイラストを描いたものを入れ、回しながら切込みから覗くと動いて見えるというもの。矢印の回転、トトロが飛び跳ねる様子、犬が走る様子などなど。

どんな映像になるか予想しながら絵を描いていくのがおもしろい!

nana's report---kaji ブログトップ
メッセージを送る